スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I will Take You Home

今日はこちらはひな祭り。
娘の事を思い出したら、デッドのある曲を聞いてみたくなりました。
Deadのキーボード奏者Brent Mydlandが書いた"I Will Take You Home"という曲があります。
大好きな曲です。
この曲は彼が娘の為に書いた曲で、”何があっても心配しないで。必ずお父さんがいつでもお家に連れて帰ってあげるから”という父親が娘を思う詞です。
1990年6月17日のライブでは、キーボードを弾くブレントの横にちょこんと彼の娘が座っていて、
パパブレントは、隣に座る娘に語りかけるようにこの曲を演奏しました。

しかしこの時、彼がこの約1ヶ月後に娘との約束を破って天国に旅立ってしまうなんて誰が想像したでしょう。
そう思うと、この日のこの演奏は涙なくしては聞けません。


brent-daughter.jpg


I Will Take You Home 6/17/90

スポンサーサイト

コメント

No title

グッときました。

No title

コメントありがとうございます。
子供が何かあったら迎えに行ってあげないといけないから、大きくなるまでは健康でいないと駄目ですね。

No title

そのコメントにまたグッときました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Author:zizipie
南カリフォルニアに住んで数十年、ある日突然Grateful Deadにハマってしまった、新米デッドヘッドの日々の暮らし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。