FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Promised Land

"Taking Woodstock"
という映画を見てきました。
監督はアカデミー賞受賞作品"Brokeback Mountain"のAng Leeです。
ウッドストックがヤスガーさんの農場で行われるきっかけを作った、同地で潰れかけたモーテルを経営するロシア移民の両親を持つ男が書いた同名の本の映画化です。
今年はウッドストック開催40周年なので、そのタイミングに合わせたのでしょう。

映画自体は、沢山の事を詰め込みすぎたり、LSDでのトリップシーンが長過ぎたり、ゲイの著者の恋愛など、必要ないんじゃないかとおもった部分もありましたが、
まあまあ楽しめました。

映画を見て思ったのですが、ウッドストックはコンピューが発明された事や人類が月に行った事と同じくらい、人間が到達した文明の一つなんではないだろうか。

誰もが経験した事のないあれだけ大規模のコンサートが成功したのは、現在では軽い挨拶のように使われるラブ&ピースですが、あの時は実際に主催者、出演者、観客、そして関わった全ての人が心の底から信じたラブ&ピースの想いが成功に導いたような気がします。

人智を超えた何かを体験した時、人は科学などでは説明できない何かを感じるといいます。
多くの宇宙飛行士が、宇宙を体験した後神の存在を信じるようになったというのもそうですね。
そして、そのわからない何かを、今度は知恵と知識をもって証明する事により文明は進化するのでしょう。

デッドは2日目の夜に登場しました。
しかしこの時の演奏は、ながい待ち時間の間に皆かなりイっちゃったのに加え、雨で濡れたステージは感電の恐れがあったりでぼろぼろだったそうですが、
最後の曲"Turn On Your Love Light"は39分演奏し続けたそうです。

Woodstock_RS_Special_Report.jpg

BGM : "Woodstock" by C.S.N & Y


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

zizipie

Author:zizipie
南カリフォルニアに住んで数十年、ある日突然Grateful Deadにハマってしまった、新米デッドヘッドの日々の暮らし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。