FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Big Boss Man

日本はそろそろ秋の気配でしょうか。
こちらはここの所真夏日が続いています。
今年も高校野球は熱闘が繰り広げられた事と思います。

むかしは全員坊主頭でしたが、最近はどうなんでしょう。
高校生らしい髪型という事なのでしょうが、高野連や学校関係の人達が好む高校生らしさを強要しているようにも見えますが。
まだ髪型の規定とかあるのでしょうかね?

髪型とかユニフォームの規制よりも他にもっと重要な事があると思うのですが。
投手は何連投もしますよね。
肩壊しませんか。今後も野球を続ける選手にとっては彼らの野球人生の寿命を縮めてませんかね。
高野連や監督にとって選手の未来は重要ではないんですかね?

たしかアメリカは投球数の上限が決まっていたような。
それに、学生は学業が本分という事で、成績が平均点を下回ると試合に出れない筈です。

前に日本に帰った時に、甥っ子の少年野球の試合を見にいったのですが、監督が選手をボロクソ言ってるんですよね。
家で奥さんとケンカでもしたんですか?ってくらい鬱憤をはらしているように見えました。
監督やコーチの楽しみの為に子供達は試合をしているようで、なんだか見ていて不愉快になりました。
グランドでタバコ吸ってるし、どうみても監督やコーチは指導方法を勉強しているようには見えませんでした。
少年野球は子供達に野球の楽しさを知ってもらう事が大事ですよね。
そういえば、うちの子供がリトルリーグをやっている時にシーズン中の大事な時に私の父が亡くなってお葬式で日本に帰る事になり、戦線を離脱しなければならない事を
コーチに伝えると、うちの子供に「世の中には野球よりも大事な事が沢山あるから」と言ってくれました。

あ、でも私はスポーツ選手は短い髪の毛の方が良いと思います。
髪の毛が視界に入ったり、じゃまに感じたら、0.0何秒か反応が遅くなると思います。
少しでも上手くなろう、いい成績を残そうと思う選手は出来る事は何でもすると思います。
だから規則を作らなくても、自主性に任せれば良いのではないでしょうか。

デッドのコンサートは野球の試合と似ているという説を唱えたDead Headがいます。
同じプレーヤーがプレイしているけれど、毎日内容と結果が違うと。
個人のプレーはあまり良くなかくても、最高のゲーム(コンサート)の時もあるし、チームとして素晴らしいプレーをしても負ける時もあります。
ファンも似ていますね。スコアを付けて記録している人もいますが、デッドのコンサートもテーパーが記録していますし、試合があれば必ず見に行く人達はコンサートを追っかけるDead Headsと同じですね。それにグルーピーもいれば、ファンはみんな試合(コンサート)を評論したくなります。

そして、どちらも筋書きの無いドラマです。

GDBaseball.jpeg

BGM:Grateful Dead Live at Alexandra Palace on 1974-09-11
http://www.archive.org/details/gd1974-09-11.sbd.unknown.4647.shnf
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

zizipie

Author:zizipie
南カリフォルニアに住んで数十年、ある日突然Grateful Deadにハマってしまった、新米デッドヘッドの日々の暮らし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。