スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

You've Got A Friend

James TaylorとCarol Kingのreunion concertに行きました。
場所はLAのHollywood Bowl。
今回のツアーは、Troubadour Reunion Tourというタイトルがついていますが、
Troubadourとは二人がまだ若かった頃演奏していた、Hollywood Bowelからもさほど遠くない所にある小さなライブハウスの名前です。
小さなライブハウスから初めた二人がその後お互いに大成功を収め、40年後ふたたび一緒に演奏するというのは、何か映画のストーリーのようですが、
その二人のコンサートを観る事ができた事はとても感慨深いものがありました。感想を一言で表すと、見ておいてよかった。本当に良かったです。

演奏された曲はほぼ全曲知っている曲ばかりでしたが、その中でも特別に心に響いた曲がありました。
それはCarol Kingが当時の夫Gerry GoffinとThe Driftersの為に書いた"Up On The Roof"という曲です。この曲はCarol Kingも自分のアルバムに収録しているのですが、僕はJames TaylorのFLAGというアルバムに入っているバージョンに思い入れがあります。
高校生の時に一人でアメリカに留学に来て、ホームスティをしながら公立のハイスクールに通い始めたばかりで、もう勉強から人間関係から何もかもが大変だった頃、この曲を良く聞いていました。
英語が少しずつわかるようになってこの唄の歌詞の意味もわかると、この唄は今の自分の為にあるような曲に思え、学校から帰るとこの曲を聞きながら、ホストファミリーの家の屋根に登る事はさすがにできないので、庭の芝生に寝転がって空を見つめていた頃を思いだしました。

二人が1番と2番を交互に唄うのを聞きながら空を見上げるとそこにはあの頃と同じ星空が。
涙がこぼれそうで下を向く事ができませんでした。

音楽ってなんて素晴らしいんだろう。そう思った夜でした。

IMG_0503.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

Author:zizipie
南カリフォルニアに住んで数十年、ある日突然Grateful Deadにハマってしまった、新米デッドヘッドの日々の暮らし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。